ヨウコソテルツォテンポへ チイサイマチノチイサイキッサテンデス キョウモヨイイチニチデアリマスヨウニ
3/30 (月)トウヤマタケオ × 阿部海太郎「2台のピアノによる演奏会 vol.4」高知 蛸蔵


                                   写真:後藤武浩



ご無沙汰しております、terzo tempo佐野です。


ここ最近は忙しさにかまけて、こちらのblogがそのままになっておりました。


というのもすみません、こちらのFacebookページがどうしても便利で、


そちら優先になっておりました。

(もしよかったらポチっといいね、なんて押してみてください、、)


近況などはテルツォ・テンポのFacebookページで、イベントや過去の情報は


こちらに徐々に復活させていきますのでよろしくお願いします◯



さてさて、素晴らしい演奏会が決定しました。


このような企画はテルツォテンポがやらずに誰がやる!といった


もう私、ピンポイントでど真ん中の演奏会となりそうです。



蛸蔵のオープニング演奏会や、mama!milkとの企画<トロカジムジカ>でも


素晴らしいステージを見せてくれた音楽家のトウヤマタケオさんと


高知初登場(!!)現代クラシック音楽をベースにジャンルの枠を飛び越え、


ファッションブランドの楽曲やミュージカルや舞台の作曲、


音楽監督として活躍している阿部海太郎さんをお迎えした、


男性ピアニスト二名による「2台のピアノによる演奏会」



四国では高知のみの開催となります。


しかもツアーの最終日ということで、見所は二人の息のあったプレイ。


時を重ねてきたからこそ生まれるグルーブ感!


平日、月曜日といった日程ですが、二台のピアノを使った男と男の真剣勝負。


これは本当に見逃せませんぞ〜




***********************************




トウヤマタケオ × 阿部海太郎「2台のピアノによる演奏会 vol.4」


出 演
   トウヤマタケオ 阿部海太郎


日 時
   2015年3月30日(月) 開場 19:00 / 開演 19:30


会 場
   蛸蔵 - Art Zone Warakoh soko-
   〒780-0074 高知市南金田28
   http://warakoh.com/theater
  • *駐車場の用意はございません。公共交通機関をご利用くださいませ。

料 金
   前売 3,500円 当日 4,000円
  • 別途、1ドリンクのオーダーをお願いいたします。


お申込
   terzo tempoのメールアドレス、もしくはお電話で承ります。

   terzo.tempo@hotmail.co.jp 080-6559-2013
   
   メール件名「3/30 トウヤマタケオ 阿部海太郎 演奏会」として、
   本文にお名前(フルネイム)・電話番号・ご予約人数
   をお書き添えの上お申込下さい。
   
   受付確認メール返信時に入場整理番号をお伝えします。
   料金は公演当日入場時の精算、
   入場は整理番号順(全席自由)となります。
   
   キャンセルの可能性のあるお申込は
   ご遠慮くださいますようお願いいたします。
   携帯電話からお申込の場合は上記Email addressからのメールを
   受信できるよう設定をお願いします。



企画・制作 WINDBELL


主 催 テルツォテンポ 


***********************************


ピアノに向かいながら作曲に悩むと、

ふとトウヤマさんならどう乗り越えるのかなと考えます。

トウヤマさんと、その音楽に出会う前は?

いや、その存在を知る前から、いずれはその人に出会えると思っていました。


阿部海太郎


ピアノという楽器を考える。

ピアノは何故、薄暗い箱の中で演奏者の視線からも遮断された場所で

音を鳴らすのか?

それはあまりに楽器として複雑になり過ぎたからに違いない。

内部のグロテスクさを隠すため。機能の脆弱さを保護するため。

そしてそれは、西洋音楽が辿ってきた歴史そのものだ。

世界に無数にある音律を無理矢理、平均律に押し込めた。

作り上げた理論を視覚化したのが鍵盤だ。枝葉末節は隠蔽された。

ピアノをディスり過ぎって?

でも、僕たちはこの決められた音律の中で

無数の夢を織り上げることが出来るのを知っている。

与えられたカードが限られているが故に、

僕たちは海と山から集ってこのゲームに参加する。

「海」は何を考えて、この一音を変化させたのか?

「山」は何故この和音を汚しにかかるのか?

さあさあ、お立ち会い!

西洋音楽の怪物と格闘する男二人の戦いをご覧あれ!


トウヤマタケオ


***********************************

                          写真:吉次史成


トウヤマタケオ takeo toyama


作曲家。鍵盤奏者。編曲家。

クラシック、ジャズ、ロック、フォークロアなどのジャンルを、

越境し、放浪する音楽家。

ソロピアノ演奏の他に、画家nakabanとの幻燈ユニット

”ランテルナムジカ”、8ビート偏愛ユニット”PATO LOL MAN”など、

活動は多岐に渡る。

近年のリリースはピアノソロ作品集「Waltz in March」

歌ものアルバム「飛ばない日」など。

昨年2月には、チェリスト徳澤青弦との新ユニットThrowing a Spoonで

「awakening」をリリース。

阿部海太郎が作曲家として参加した2013年のミュージカル

「100万回生きたねこ」に楽団長として関わっている。


www.takeotoyama.info


                              写真:三田村亮


阿部海太郎 Umitaro ABE


作曲家。幼い頃よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親しむ。

東京藝術大学とパリ第八大学にて音楽学を専攻。

音楽理論や音楽史を独自に解釈し、自由な楽器編成によって

ユニークな音楽世界をつくり出している。

2008年より蜷川幸雄演出作品の劇音楽を度々担当するほか、

舞台やテレビ番組などの楽曲も手掛けている。

2013年にイスラエルの演出家、インバル・ピント&アヴシャロム・

ポラック演出のミュージカル『100万回生きたねこ』の作曲と

音楽監督を務めた。

『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』(2012年)、

『The Gardens -Chamber music forClematis-no-Oka』(2013年)など

これまでに4枚のアルバムを発表している。


www.umitaroabe.com

- comments(0) trackbacks(0)
7/27(日)<Doppelzimmerの演奏旅行 in 四国> 高知編
長い休みを頂きまして、日常が戻ってきました。

帰ってきても、前と同じようにたくさんのお客さんが来てくれて、

ほんとうにありがたい限りです。

テルツォテンポは再び、旅する人たちを迎え入れる立場へと戻ります。

さて、久々にこんなライブを企画しました。


 

【Doppelzimmer の 演奏旅行 in 四国】

 

7/26(土)「香川編」


会場:BOOK MARÜTE(香川県高松市北浜町3-2 北浜alley-j)


19:00オープン / 19:30スタート 2000円

(別途1drinkのオーダーをお願い致します)

 

ご予約・お問い合わせ BOOK MARÜTE(087-811-7338)

https://ja-jp.facebook.com/BookMarute

____________________________

 

7/27(日)「高知編 」


オープニングアクト 園部信教とポンコツ楽団


会場:アジア食堂歩屋(南国市岡豊町江村杉尾丸47)


19時オープン / 19:30スタート 2000円

(別途1drinkのオーダーをお願い致します)

 

ご予約・お問い合わせ テルツォ・テンポ (080-6559-2013)


terzo.tempo@hotmail.co.jp


____________________________


夏場は暑いので、会場はterzo tempoではなく、

南国のアジア食堂歩屋さんで、行います!!


初めての四国ライブとなるドッペルツィマーですが、


さらりとほんとうに素敵な音楽を奏でる二人組。


下にもYouTubeを貼付けましたが、カバーセンスが秀逸!!


中でも井上陽水のTOKYOをカバーしているあたり、もうなんか


どストライクであります◎


高知編では5月のvillage以来の出演となる


<園部信教とポンコツ楽団>も前座でピーヒャラやらせてもらいます◯


ぜひご予約、お待ちしておりますね〜










Doppelzimmer<ドッペルツィマー>とは


ドッペルツィマーは山猫遥子(歌)と古川麦(歌とギター)の2人組。

 ボサノバデュオであったが、ここしばらく東欧・西欧の詩と

民謡を収集・編集して演奏している。


過去に、ISSEY MIYAKE(ELTTOB TEP銀座店 )、

青山のUtrecht/NOW IDeA、中目黒のHotel Claska、

栃木県那須のArt Biotopをはじめ、

各地のちいさなカフェやギャラリーなどでライブ出演。

ファッションブランドCEPOの2012A/Wプロモーション映像の音楽を担当。


2010年5月25日、代々木上原のGALLERY NO.12から

1stアルバム『Doppelzimmer』発表。


​​2013年9月14日、同ギャラリーから2ndアルバム『田園』発売。


- comments(0) trackbacks(0)
【お知らせ】6月16日(月)〜 7月9日までお休みさせていただきます。

この休みを無駄にしないよう、必ず楽しい店づくり、

そして魅力的な街づくりへと還元させてみせますので、乞うご期待。

しかしながらこの期間、テルツォテンポはお休みをいただきますが、

スペシャルな企画をご用意しました◯




6月27日(金)〜 6月30日(月)

7月4日(金)〜 7月7日(月)の計8日間、期間限定で


テルツォテンポは<TABI食堂>へと変わります。


<TABI食堂>とは世界60カ国を旅した、ささたくやくんが主催する


Raw Food*のレストラン。

(*火を使わずに調理した、食材の酵素が生きた状態のまま頂く、菜食のお食事のこと)


実店舗はありませんが、旅をしながらいろいろな場所でシェフとして活躍する


たくやくん。身体の内側から元気になるゴハンをつくっています。



ささたくやくんは、先月のK+(ケープラス)で特集されたり、


只今最高にヒップでイケてるカルチャー誌murmur magazine


連載を持っている、四万十川流域で生活する素敵男子。


自給自足に近い生活、パーマカルチャーを実践しながらも


しなやかで、やわらかくて、なんといってもセンスがよい。


とても気持ちのよい空気をまとった、ほんとうに素敵な人です。


【terzo tempo × てのひらワークス 高知靴作り同好会】


メンバーでもあります。


期間中は予約なしで、ゴハンがいただけるとのこと。


ぜひふらりと訪れてみてください!


「TABIのお話会」や「料理をしない料理教室」、


「TABIの音楽会」などもあわせて開催予定。


ぜひこちらもチェックしてみてくださいね◯




- comments(0) trackbacks(0)
【BRUTUS】 779号 <喫茶店好き。>


嬉しいことにBRUTUS、掲載していただきました。

ライターの岡本仁さん、カメラマンの山本あゆみさん、

そして編集の星野さん、ほんとうにありがとうございます。

こうでなくてはならないことは何一つない、しなやかで柔軟な発想、

そして風通しのよさを心掛けて、これからも楽しいお店を目指します。

お手に取って見ていただければ幸いです。

- comments(0) trackbacks(0)
5/19(月)本日臨時休業いたします。
- comments(0) trackbacks(0)
【village2014】作家さん紹介!

いよいよ今週末!!

どうか晴れますように!!!!

前回を大きく超える119店舗のお店が並びます◯

terzo tempoは去年と同じかき氷で出店します!

というわけで、5/17(土)18(日)は実店舗はお休みいたします。

ラインナップは

・黒糖スペシャル
・黒糖ゆず
・イチゴミルク
・ゆずジンジャー
・コーヒー

の予定です。素材は去年よりもますますこだわっています。

今年はじめてのかき氷。ぜひいらしてください!

__________________________________

そして今回のヴィレッジ。

県内はもちろん県外からも素敵な作家さんが来てくれます◯

たくさんご紹介したいのですが、少しだけご紹介。

119店舗もあるので、ぜひ公式HPをご覧ください!!




僕の高校時代〜大学時代過ごした街、東京の国立から岡山へ

昨年移住した、<匙屋>さん。

去年テルツォテンポでライブや展示をしてくれた

aoki,hayatoさんや藤川孝之さんと出会ったきっかけの場所でもあります。

お匙、僕も使っていますが、とてもつかいよいです。



terzo tempoがオープンしてから毎年のように高知へ来てくれて

高知の美味しいものや素敵な場所を

ほんとうによく知っている<6SHiKi>さん。

うちでWATER WATER CAMELの音楽と出会ってからというもの、

キャメルの音楽とかっこよいかばん、そして愛する郷土、佐賀を

全国に紹介して回るとてもパワフルな方です。

今回もヴィレッジに出店するいろいろな作家さんを紹介してくれました。





3年ほど前でしょうか、<しゅんしゅん>さんはふらりと

terzo tempoに立ち寄ってくれて、

ものの15分ほどでうちの店内を描いてくれて、

後日絵はがきにして送ってきてくれました。

それのなんと清々しいこと。

その絵はその後<糸の泉>として出版、boncoinさんやdenさんと

ともに紹介してくれました。

ルーツが高知にもあるというしゅんしゅんさん、気持ちよい5月の新緑の下、

その場でさらりと素敵な絵を描いてくれます。とても楽しみ。




去年は蛸蔵での展示会。

今年はsonobe nobukazuの音楽をモチーフに、

ブランドのプロモーションビデオまで手掛けた、

愛媛・大洲の素敵な洋服屋<Sa-Rah>さん。

とにかくこの映像見てもらえたら、その熱い気持ちが伝わってきます。





<炭屋>といわれると僕は実はすぐにピンとこないけれど、

この<炭屋>さん、竹でいろいろなものをつくる

<下本一歩>さんの屋号なのです。

2年前に、東京・国立の<黄色い鳥器店>で

一緒にイベントをさせてもらったり、

最近では<terzo tempo x てのひらワークス 高知靴づくり同好会>の

メンバーで、一緒に靴をつくる仲間でもあります。

一歩さんの竹のカトラリー、素晴らしいです。

お箸にトング、お玉にしゃもじ。もちろん便利な炭もあります。

お箸は、ほんとうにお箸らしいお箸というか、

これから先ずっと使っていたいと思うほど

ものすごい完成度だと思います。





- comments(0) trackbacks(0)
GWの営業予定
あっというまに四月も終わり。

気がついたら世間は大型連休ですね。

お店はふだんは火曜・水曜定休ですが、

火曜日の祝日は営業致します。

ゆっくりしにいらしてくださいね。

- comments(0) trackbacks(0)
てのひらワークス × terzo tempo 第2回 <高知靴づくり同好会>



てのひらワークス × terzo tempo

第2回 <高知靴づくり同好会>

______________________


難しいことを、より簡単に

簡単なことを、より愉しく

愉しいことを、よりたくさんの人へ

______________________


講師に<てのひらワークス>の小林くんを迎え、

自分たちで、自分たちの靴をつくります。



4月5日(土)〜13日(日)(期間中 火、水休み)


第1回 では自分の足型をつくりました。




第2回ではその足型を元に実際の作業に入っていきます。

さて、どんな靴ができあがるかほんとうに楽しみです。

ご興味ある方、ぜひ見学にいらしてください。


お問い合わせ先


terzo tempo 080-6559-2013


てのひらワークス 0285-63-0268



______________________



そしてこの期間、てのひらワークスのオリジナルシューズである

<コモンシューズ>の子供靴の展示、販売も致します。

ぜひご覧になっていってください。

以下、てのひらワークスの小林くんより




下も上も張り替えるコモンシューズのこと。


コモンシューズは子供靴を考えていたら、すっと頭に浮かんだクツです。

子供の成長は早くて、靴はすぐに履けなくなってしまう。

木に登ったり。水たまりに飛び込んだり、ボールを蹴ったり、

靴はいつも子供に付き合ってボロボロクタクタ。

でもだからといって、安いものや心地良くないもの、

愛情を持てないものを選ぶのは違うように思います。



『クツがボロボロになるなら、張り換えられる靴をつくろう。

そしたら弟や妹にお下がりができる』



『すぐに大きくなるなら、

その靴をサンダルにしてもう一度履くことができる』



型崩れや傷を気にしながら、何年も大事に履く靴もあれば、

気兼ねなく履いて、消耗したら交換して履き続ける靴もあります。

障子を張り換えるように、畳を交換するように靴もまた、

消耗したら交換できる毎日使う日用品。





私たちの生活により身近な素材でつくることを、

コモンシューズは心掛けています。


- comments(0) trackbacks(0)
4/5(土)おまつとまさる氏 高知ライブ

またまた、縁がつながりこんなライブが決まりました!

ぜ・ひ!


おまつとまさる氏 高知ライブ

[日時]4月5日(土) 開場 19:00 / 開演19:30

[会場]terzo tempo(高知市桜井町2-5-30)

[料金]無料 (1オーダーと、いくらかの投げ銭をお願い致します)

[ご予約・お問い合わせ]テルツォ・テンポ 080-6559-2013 
            terzo.tempo@hotmail.co.jp


おまつとまさる氏(松倉如子・渡辺勝)

松倉如子(まつくらゆきこ)


昭和55年、大阪府生まれ、熊本、愛知、山口、京都を6年周期で過ごす。
京都造形芸術大学で映像と舞台芸術を学ぶ。
卒業制作の一人芝居で初めて歌を作り、音楽の道を行くことを決意。
2005年4月から東京・吉祥寺へ移り住み、同年9月より音楽活動を始めた。
2006年5月、渡辺勝に出会い、相方にしてライブ活動を始める。
2007年5月、ファーストCD「星」を発売。
2007年10月、「赤色エレジーマニア」(Run,Rabit,Run Records)に

松倉如子(歌)渡辺勝(エレクトリック・ギター/足ぶみオルガン/横笛/太鼓/他)

HONZI(ヴァイオリン)で参加。
2009年、セカンドCD「パンパラハラッパ」(P-VINE)を発表。
相方の渡辺勝と「おまつとまさる氏」を結成。
2010年12月、おまつとまさる氏(松倉如子×渡辺勝)のファーストアルバム「メルヒェン」(マrecords)を発表。


http://ameblo.jp/yukiko-m/



渡辺勝(わたなべまさる)


昭和25年、川崎市生まれ、立教大学在学中より音楽活動を開始。
70年代から、岡林信康のレコーディングに参加する一方、あがた森魚『蓄音盤』、

斉藤哲夫『君は英雄なんかじゃない』、なぎらけんいち『万年床』などのセッションに参加して注目を浴びる。

この時期「はちみつぱい」にも参加。

72夏から73年にかけて松田幸一、村上律らと「アーリー・タイムス・ストリングス・バンド」を結成。
アーリー解散後は今井忍、竹田裕美子らと「キリギリス」を結成。

その後、76年にビクターから初ソロ・アルバム『僕は白い雲』を、77年『HELLO』を発表する。
映画、芝居、CMなどの作曲を数多く手掛けた後、90年代に入って再びライヴ活動を再開。
レゲエ系バンド「砂」のギタリストとして『砂・山賊盤』、ソロ・ピアノ集『とどかずの町で』などを発表。
2000年にジャバラ・レコードから『シルバラード』をリリースして高い評価を得た。
2009年6月に新作「渡辺勝」を発表、9月に40周年記念コンサートを武蔵野公会堂で行った。
2010年12月におまつとまさる氏(松倉如子×渡辺勝)の初アルバム「メルヒェン」を発表。


http://ameblo.jp/watanabemasaru/






ライブのお知らせ comments(0) trackbacks(0)
おかげさまで5周年
 


これからもどうぞよろしくお願い致します。

最近はFacebookページにも近況をアップするようになりました。

もしよかったらチラ見してみてください。

https://www.facebook.com/kochi.terzotempo

_______________________________


自分のことで恐縮ですが、先日インタビューを受けまして、

その記事が公開されています。

恥ずかしくも、反響があるようで嬉しいです。

もしよかったら読んでみてください◯

高知へ来てまもなく8年。

高知の暮らしは楽しいです。

海、山、川、太陽の恩恵を受けた、素晴らしい土地。

顔の見える生産者さんから一年を通して美味しい食べ物が手に入ること。

飢える心配のない安心感、満足感。

人と人の距離が近いことは、毎日を誠実に生きなければならない

極めて真っ当なことに気がつかせてくれました。

うまくいったり、いかなかったり、ニコニコすることもイライラすることも

あるけれど、なんだかそれは天気のようなだな、と思うと

肩の力が抜けます。

みんなぜひ遊びにいらしてください。いいところですよ。


- comments(0) trackbacks(0)
| 1/25 | >>