ヨウコソテルツォテンポへ チイサイマチノチイサイキッサテンデス キョウモヨイイチニチデアリマスヨウニ
2/2(日)tonari session's + 浜口寛子 蛸蔵ライブ

かねてより仲良くしております、イラストレーター、イワサトミキが所属している

高知のおとなり、うどん県香川のポップ・ロック・バンド、


瀬戸内の緩やかな空気、ぽっこりした山が浮かんでくるようなサウンドです。

同じ讃岐出身のサニーデイサービス、曽我部恵一さんも参加している

2ndアルバムをひっさげ、2年ぶりの高知ライブ。

イワサトミキの絵は昨年の”village”  *1  *2のフライヤーで目にした方も多いはず。

この秋にterzo tempoでも展をする予定です。

浜口寛子 (はまぐちひろこ)も久々の蛸蔵出現!

どんなことになるのやら乞うご期待!

_____________________________________________________________________









2014年2月2日(日)open 18:00/start 19:00


出演:tonari session’s、浜口寛子


場所:蛸蔵[高知市南金田28アートゾーン藁工倉庫内]


チケット:前売 2500円 当日 3000円(+1 drink)


出店:terzo tempo、まなべ商店、雨風食堂





“2”枚目のアルバム「海街アーカイブ」をリリースした


香川のtonari session’sを高知に迎え、


“2”度目の上京をすることになった浜口寛子が


思い出の蛸蔵で高知の皆さまに「行ってきます!」のご挨拶!


当日はterzo tempoのドリンクをはじめ、

雨風食堂のおいしいごはんと本、

四国のおいしいものセレクトショップのまなべ商店も賑やかに出店!



― チケット予約・販売:メール ―


●浜口寛子:info@hamaguchihiroko.com

●tonari session’s:yndcj360@yahoo.co.jp


※メールでのご予約は、ライブ日時/タイトル、お名前、メールアドレス、

希望枚数をご明記下さい。


―― チケット販売:店頭 ――


●terzo tempo 080-6559-2013

●アジア食堂歩屋 088-864-2280

●雨風食堂 080-3737-5981

●SAIL/swimmy 088-884-6601

●まなべ商店 0896-77-4422


お問い合わせ:


Five Wits: info@five-wits.jp

terzo tempo: 080-6559-2013






オンガク comments(0) trackbacks(0)
1/11(土)popo live

すみません、正月から風邪をひきまして、
ご心配をおかけしました、、、。
おかげさまで復活、3日より営業を開始しました。

改めまして、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

さあ、早速、新年一発目。

なんともゆるくてステキなバンドが京都からいらしゃいます。

ユルいのにファンキー、
静かに超個性的なオルガンとトランペットのトリオ、popo<ポポ>です。



 ● popo <ポポ>  高知ライブ ●

[日時]1月11日(土) 開場19:00/開演19:30

[会場]terzo tempo(高知市桜井町2-5-30)

[料金]無料(演奏終了後、いくらかの投げ銭をお願い致します)

[ご予約・お問い合わせ]テルツォ・テンポ 080-6559-2013 

            terzo.tempo@hotmail.co.jp


◯軽食やドリンク、用意しております。


◯小さなカフェですので、ご予約をしてもらえると嬉しいです。




*****************************


popo プロフィール


山本信記 trumpet , synth 江崎將史 trumpet , recorder喜多村朋太 organ
2004年大原裕追悼ライブの際に3人でsightsの曲を演奏したのが
きっかけとなりスタート。
詩的で心揺らぐチェンバー・スカバンド。

山本信記:1973年大阪生まれ。live! laugh!、 
hikings(1999年リコ・ロドリゲスのツアー・バンドを務める)などの
バンドに参加。現在、POPOの他に、かきつばた、XOEXABなどで活動中。

喜多村朋太:1970年生まれ。大博士、PIGFATPIGS等を経て、
現在、POPOの他に自身のブルービート楽団「メトロノームス」、
ふちがみとふなとの渕上純子とのうたものデュオ、
TUFF SESSIONのサポートメンバーなどなど。
福井県敦賀市在住、陶器を作る。サバの生寿司が好き。

江崎將史:1969年生まれ。96年より即興を軸にするライヴ活動を始める。
トランペットを金属の管であると再定義、独自に奏法を開発、
また身の回りの 生活廃品などを使用。即興演奏ではソロのほか、
国内外の多くのミュージシャンとセッションを重ねる一方で、
知久寿焼、青木マリ、須山久美子など個性的な シンガーとの共演も持つ。
他に山本信記とのトランペット・デュオ、
15秒から1分ほどの曲をつらつらならべるOMM-pahがある。
アキビン吹奏、アキビンオオケストラ主宰。
なお最近数年来崩壊していた宇波拓ひきいるホースが崩壊したまま復活した模様。



オンガク comments(0) trackbacks(0)
12/15(日)mama!milk 冬の音楽会 "Duologue"

今年もやってきました。年末恒例、mama! milkの蛸蔵ライブ。
早くもなんと5回目の蛸蔵の演奏会ですが、
原点に立ち返り、mama!milkの二人の演奏を楽しんでもらおうと、
<音響>に特化した演奏会を企画しました。
音響設計に全国各地で噂のsonihouseさんを迎え、
"風景"という名の12面体のスピーカー"scenery"を高知で
初めて鳴らします。


sonihouseさんは、陶芸家の安藤雅信さんが
terzo tempoに来てくれたときに
「奈良に面白いスピーカーをつくる人がいるんだよね」と
教えてくれました。
いつか聴いてみたいな、と思っていたら、
先日イベントでお世話になった京都の美味しい食堂souffleさんに
sonihouseさんのスピーカーが気持ちよく響いていました。
調べてみるとsoniohouseさんのスピーカーが置いてあるところは
京都のミナ ペルホネンや、奈良のくるみの木、山口のYCAMなど
それはもう素敵な場所ばかり。
そして今回、念願かなって、mama!milkの高知ライブに
sonihouseさんのスピーカーがお目見え。
僕にとっても初めての音響体験。
これは本当に贅沢なライブとなりそうです。

小さい音、繊細な音が自然に心地よく響く、
sonihouseのスピーカーに、
mama!milkのストイックな演奏。
僭越ながら、私も幕間のBGMの選曲をさせていただきます。

蛸蔵劇場にて心よりお待ちしております。



mama!milk 冬の音楽会 ” Duologue “


日 時

2013年12月15日(日) 開場 18:00 / 開演 19:00

会 場

蛸蔵 - Art Zone Warakoh soko-
〒780-0074 高知市南金田28
http://warakoh.com/theater

  • *駐車場の用意はございません。公共交通機関をご利用くださいませ。

出 演

演奏:mama!milk
音響設計:鶴林万平 (sonihouse)
選曲:佐野寛 (terzo tempo)


出 店

terzo tempo

ビールやワインなどアルコール類はもちろん、 
ホットワインや自家製アップルサイダーなど暖かなお飲み物もご用意致します。


料 金

前売 3,000円 当日 3,500円
  • 別途、1ドリンクのオーダーをお願いいたします。

お申込

□ チケット
・terzo tempo 080-6559-2013
・den 0887-54-3568
・美容室 balle(ヴァル)088-885-3711
・竹村活版室 088-879-4088

□ e-mail・お電話でのお問い合せ
・terzo tempo
Tel:080 6559 2013
e-mail:terzo.tempo@hotmail.co.jp

主 催
terzo tempo+Takemura Design & Planning
terzo tempo
Takemura Design & Planning


新作アルバム「デュオローグ」を発表したmama!milkによる、

赤い蛇腹と黒い弓が奏でる艶やかな物語。

アコーディオンとコントラバス、2つの楽器の豊かな音色や息づかい、のびやかな演奏。
冬の夜、蛸蔵を舞台に繰り広げられる、静かに熱い豊かな音の対話。 

今宵は、scenery(風景)という名を持つ12面体無指向性スピーカーを用い、 制作者でもあるsonihouseの鶴林万平氏を音響設計にお迎えしてお送りいたします。

固唾を飲む演奏。それに寄り添うsonihouseの音響。
静寂の中、繊細な音に、次第に耳が開かれていく感覚をお愉しみください。

*【duologue】対話、対話劇




mama!milk

生駒祐子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)によるデュオ。

1997年より世界各地の劇場、客船、廃墟、広場等で演奏を重ねながら、数々のアルバム作品や、舞台、映画、美術作品のサウンドトラックを発表。その異国情緒溢れる音楽は、クラシカルな香りもあいまって「旅へいざなう音楽」あるいは「Japanese New Exotica」とも評されている。

本年は W.シェイクスピア作、白井晃演出舞台「オセロ」の音楽担当として各地の劇場で演奏の他、アルバム「Duologue(デュオローグ)」を発表。1997年〜2011年の間に多様な編成による演奏で発表された楽曲より珠玉の21曲を、アコーディオンとコントラバス、2つの楽器のみで新たに演奏、録音。mama!milkの音楽が最もシンプルに記録された本作は、彼らの新境地を見せている。待望の楽譜集「Duologue」も発表予定。


http://www.mamamilk.net





【sonihouse scenery】


sonihouse :
鶴林万平(音響設計・製作)、長谷川アンナ(グラフィックデザイン)が主宰し、2007年より奈良で活動を開始する。
自然な音の再現を目指し開発されたオリジナル12面体スピーカー”scenery”は、 音にこだわるアーティスト、エンジニア、そして音楽ファンら多くの支持を得ている。
音と空間、そして聴き手を有機的に結び付け、 そこに豊かな音楽的循環を生むことをコンセプトに活動を続ける。
本年は、山口情報芸術センター[YCAM]の「アートと環境の未来・山口 YCAM10周年記念祭」に伴い、 12面体スピーカー〝scenery:02 LIVE version〟14台を納入。
スピーカーはメイン企画である坂本龍一+YCAM InterLabによる『Forest Symphony』で使用された。
http://www.sonihouse.net/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


オンガク comments(0) trackbacks(0)
11/28(木)SASAKLA & John John Festival 高知ライブ



ここ最近親しくしているシンガーソングライター笹倉くん、


momo椿のアニーくん率いるアイリッシュ・バンド、


John John Festivalがここ高知テルツォテンポで小さなライブを行います。


20名ほどの小さなライブですが、メンバーを囲んで、


山小屋にトリップしたかのような、暖かく楽しいライブになること間違いなし。


ライブ終了後お食事もご用意しますので、ご予約の上ぜひともお越し下さいませ!




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


SASAKLA

本名 笹倉慎介 1981年生まれ。
フォークやカントリーをベースに、ブルース、ロックからポビュラーソングなど
様々なルーツ音楽をバックボーンにもつシンガーソングライター。
2008年 1stアルバム「Rocking Chair Girl」を発表。
2011年 自身のレコーディングスタジオでのバンドセッションを収録した
ミニアルバム「Country Made」をリリース。
全国各地での弾き語りライブのほか、NHK Eテレでは「2355」のおやすみソングや
「0655」のおはようソングのヴォーカルを担当。


ライブでは空間の持つ響きに寄り添う演奏スタイルを大切に、
繊細なタッチでつま弾かれるアコースティックギターから
フラットピッキングまでバリエーション豊かな音色と歌声が、

心地よい臨場感でオーディエンスを包み込んでゆく。


レコーディングスタジオやカフェを営み、生活の中で生まれる音楽と暮らしている。
最新アルバム「Spring Has Come」を2013年5月8日をリリース。




http://sasakurashinsuke.com/

 

 * * * * *

John John Festival

イギリスの隣の小さな島国、アイルランドの音楽を演奏する3人組。
 
フィドル(バイオリン)と歌、ギター、それにアイルランドの太鼓バウロンを

使って奏でる音楽はリズムやグルーヴ、優しさ楽しさ、時に哀しさに満ちている。
空気に触れて、呼吸を合わせてどこまでも高く登りつめ、
呼吸を整えてどこまでも静かにささやく音楽。
弾く人も聴く人も幸せにする、それがJohn John Festival。
 
結成2010年1月。
1st album『John John Festival』同年10月リリース。
また同年8月にリリースされた、東京のアイリッシュバンドを集めた

コンピレーションアルバム『TOKYO IRISH GENERATION』には

おおたか静流をゲストに迎え1曲参加。

2011年鬼束ちひろ『剣と楓』に1曲プロデュース兼演奏で参加。
同年12月には青山CAYでの自主企画「JJF感謝祭」を開催。
2012年3月に2nd album『歌とチューン』をリリース。
森のカフェフェスinニセコ、Life is beautiful、東京蚤の市、

森道市場といった野外フェスにも多数出演。
北海道から九州まで全国ツアーも毎年行っている。




http://www.johnjohnfestival.com

オンガク comments(0) trackbacks(0)
11/3(日)HARCO × 園部信教 × 山田稔明 高知LIVE!!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

数々のCM音楽の制作やナレーションなどで注目を集める

シンガーソングライターHARCO、初めての高知ライブ。
高知からはシンガーソングライター園部信教、

そしてSPECIAL GUESTに四国をツアー中の

GOMES THE HITMANの山田稔明も参加決定!
高音域の美しい歌声をもつ男性ヴォーカル3人が集う

なんとも贅沢であたたかい一夜。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[日時]11月3日(日) 開場17:30/開演18:30
[会場]蛸蔵(アートゾーン藁工倉庫)
[料金]前売3500円(小学生1500円)/当日4000円(小学生2000円)

※未就学児童は無料
[チケット取扱]terzo tempo 080-6559-2013 

[お問い合わせ]テルツォ・テンポ 080-6559-2013 

        terzo.tempo@hotmail.co.jp



HARCO(ハルコ)

青木慶則のソロ変名ユニット。
1997年よりHARCO(ハルコ)名義で活動を開始。
シンガーソングライターでありながら、多くの楽器が演奏できるマルチプレイヤーでもある。
CMの作曲、歌唱、ナレーションでも注目を集める。
2005年、CMソングとして話題となった「世界でいちばん頑張ってる君に」がスマッシュヒット。
2007年は、初のベストアルバム「PICNICS -BEST OF HARCO- [1997-2006] 」をリリースした。
2013年2月14日に”HARCO+カジヒデキ+河野丈洋(GOINGUNDER GROUND)”名義で、
アルバム「BLUE × 5 = Musabi Live !」をリリース。
さらに4月6日には、主題歌とサントラを担当した映画「らくごえいが」のオリジナル・サウンドトラックをリリースした。
8月-11月は下北沢SEED SHIPにてマンスリーワンマンライブを開催。
11/3高知を皮切りに12/29名古屋までスプリットライブツアーも企画するなど
現在も精力的に活動中。

http://www.harcolate.com



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

園部 信教 sonobe nobukazu

高知出身バンド、mojoco(モロコ)のボーカリスト&ギタリスト。
2008年9月 1st mini album「日曜の朝、黒に染まる夜」、
そして2009年3月 1st full album「だからゆくのさ」をリリース。
日中のあたたかさと夜中の静寂さをあわせもつ世界観、
日常を切り取る歌と透き通った声は唯一無二のもの。
2011年は地元高知の牧野植物園のテーマソング制作をはじめ、
縁の深い高知のショップ12店舗の曲を一年かけて制作した
「canacana カナカナ」もリリース。
その声、その音、その世界。
うつくしさも せつなさも ゆるりゆるりと風に乗って全国各地にお届け中。

http://sonobenobukazu.jp



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

山田稔明 yamada toshiaki

1973年生まれ佐賀県出身のシンガーソングライター。
1993年にバンドGOMES THE HITMANを結成、1999年のデビュー以降、様々な楽曲提供と並行してソロ活動を本格化、
『pilgrim』『home sweet home』とアルバムを発表。ソロ弾き語りやバンド編成など様々な形態で
全国のカフェやギャラリー、ライブハウスを巡回している。
2013年初夏3作目のソロ・アルバム『新しい青の時代』を発表。

http://www.gomesthehitman.com






オンガク comments(0) trackbacks(0)
7/2(火)羊毛とおはな ライブ
羊毛とおはな、高知ライブ決定!
アジア食堂歩屋さんで、ゆったりとくつろいでお聴きいただけます。
小さなアットホームなハコですので、生歌が心地よく響きます。
ぜひチェックしてみてください!
テルツォテンポでもご予約承ります。


羊毛とおはな「LIVE IN LIVING ’13」CAFE TOUR
●2013年7月2日(火)@高知 アジア食堂 歩屋
高知県南国市岡豊町江村杉尾丸47 tel.088-864-2280
開場 19:00 開演 19:30
前売 3800円 当日 4300円
●ご予約&お問い合わせ 
アジア食堂歩屋 088-864-2280 
テルツォ・テンポ 080-6559-2013



羊毛とおはな

千葉はな(Vo.)と市川和則(Gt.)によるアコースティックデュオ。
2007年のデビュー以来“オトナからコドモまで”楽しめるライブは全国で話題に。
2009年にNTT docomoのCMソング、2010年にはNHK「みんなのうた」、
映画「さんかく」主題歌に起用されるなど、音楽業界だけではなく各方面からも
注目を集める。2013年3月の台湾ワンマン公演では1800人を動員するなど、その世界観は海外でも高く評価されている。
彼らの音楽はまさしく唯一無二の世界。
 
ツアーサポート:Cow and Mousehttp://cowandmouse.blogspot.jp/


オンガク comments(0) trackbacks(0)
5/11(土)アン・サリー 高知ライブ
楽しみすぎるライブです。

前売り券、テルツォテンポでも好評発売中。

アン・サリーさんのバックでパーカッションをしている
ビックさんが四万十に移住したことで縁ができたそうです。

これからたびたび四万十でこういった素敵な音楽が
聴こえてくる予感。


〇日時 5月11日(土) open16:00 start18:30 
〇会場 土佐西南大規模公園 ふるさと総合センター(大ホール)
〇チケット 全席自由 
      前売 3000円 ペア 5000円 中高生 1000円
      当日 3500円 ペア 6000円、中高生 1500円
      いずれも小学生以下無料

◯予約&お問い合わせ
ノラレコード(ヒカリネコ舍) 090-1814-2559  
hikari-neko@mb.gallery.ne.jp  
http://hikarineko.jp
ノラレコードfacebookページ
http://www.facebook.com/hikarinoraneko?ref=stream
※お車でお越しの際は公園内駐車場【無料】をご利用ください。


Ann Sally(アン・サリー)

幼少時からピアノを習い音楽に親しむ。
大学時代よりバンドで本格的に歌い始め、
卒業後も医師として働きながらライヴを重ねる。 
2001年「Voyage」 でアルバムデビュー。
2003年「Day Dream」「Moon Dance」では、
洋の東西を問わぬ新旧の名曲を
オリジナルに昇華した歌唱が好評を博しロングセラーに。
2002年から3年間ニューオリンズに医学研究のため暮らし、
地元の音楽家と現地でプライベートに収録した音源を、
帰国後アルバム「Brand-New Orleans」として発表し話題を呼んだ。
_____________________________________

初期のカヴァーアルバム<day dream>10年近くずっと聴いています。

これほんといい曲。

オンガク comments(0) trackbacks(0)
4/7(日)ブルームーンカルテット高知ライブ

日曜日、歩屋さんで久々のライブです!!


元ブラックボトムブラスバンドのkooさん率いる


ブルームーンカルテット!


ウクレレがなんとも軽やかな、かっこいいジャズライブが楽しめそうです。


ぜひ!!



会場 アジア食堂歩屋

日程 4月7日(日)

時間 19:00開場 / 19:30開演

前売 3000円 / 当日 3500円 *ドリンク代別途

出演 ブルームーンカルテット

   ゲスト 矢野絢子

お問い合わせ・予約 アジア食堂歩屋088-864-2280

(高知県南国市岡豊町江村杉尾丸47)

メール予約 bluemoonquartet2009@yahoo.co.jp

日にち、お名前、ご人数を明記の上、ご送信願います



ブルームーンカルテット


実力派であると共に個性派バンドの代表格として

独自の世界を構築してきたバンバンバザールと

ブラック・ボトム・ブラス・バンドの

化学反応「ブルームーンカルテット」。

ブラック・ボトム・ブラス・バンドは昨年の高知ライブも

大成功に終わり、高知県民も記憶に新しいはず。

そんな元ブラック・ボトム・ブラス・バンドの

個性派トランペッター黄 "koo" 啓傑を中心に、

バンバンバザールで活躍中の日本屈指のギタリスト富永寛之と

ベースの詩人、黒川修、そしてドラムには同じく

元ブラック・ボトム・ブラス・バンドのスネア・ドラマー

木村 "oji" 純士、と熱い顔ぶれが集結。

コルネット、ウクレレ、ウッド・ベースという小粋な編成で

ジャズ好きの大人も、吹奏楽部の学生も、小さな子どもも

肩肘張らずに楽しめる、古くて新しいジャズ・バンド。


オンガク comments(0) trackbacks(0)
4/14(日)Tomoyo Harada 歌と朗読の会 「on-doc.」(オンドク)

高知・蛸蔵にて原田知世さんのライブが決定致しました!

チケットは3/17(日)発売です!→  完売いたしました!!!!





Tomoyo Harada 歌と朗読の会 「on-doc.」(オンドク) 

朗読・歌  原田知世 
音楽・演奏 伊藤ゴロー

日程:2013年4月14日(日)
時間:18:00 open / 19:00 start 
会場:蛸蔵(高知市南金田28)http://warakoh.com/
チケット:全席自由 6,000円(税込)

チケット取り扱い(販売開始3/17(日)午前11:00〜)*整理番号付
terzo tempo 080-6559-2013
miette 088-823-7277
gumbo 088-872-2960
décembre 088-883-1558
rusk 088-855-4431
kikoni sisko 088-822-1220
sail 088-885-5654
歩屋 088-864-2280
7days hotel plus 088-884-7111

お問い合わせ
テルツォ・テンポ 080-6559-2013
http://terzotempo.jugem.jp/
*お近くにチケット取り扱い店舗がない場合は
テルツォ・テンポまでお問い合わせください。

主催:株式会社ショーン・ハラダ
企画制作:株式会社ショーン・ハラダ/333DISCS/terzo tempo
協賛:7days hotel
http://7dayshotel.com

17:30より、小さなマルシェも開催。
おやつに、おみやげに。どうぞご利用ください。
出店:まなべ商店(四国の美味しいもの)、歩屋 (ごはん)
miette(洋菓子)、雨風食堂(本)、décembre(カフェ)、sail(雑貨)他

※駐車場はご用意しておりません。
公共交通機関ならびに自転車、バイクでのご来場をお願い致します。

※チケットはお一人様2枚まで購入可能です。

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

※公演中は、撮影・録音・録画等は一切禁止とさせていただきます。

___________________________________________
オンガク comments(3) trackbacks(0)
3/3(日) 高橋ピエール高知ライブ <ピエールギターの昼と夜>

テルツォテンポでの久々のミニライブです!

今回は少人数でゆったり。

昼間と夜、各回10人くらいで、いい意味で生のBGMのように

聴いてもらう演奏会です。

美味しいおやつと一緒に。気持ちよい時間を。


高橋ピエール 演奏会


<ピエールギターの昼と夜>


■会場 テルツォ・テンポ

(高知市桜井町2-5-30)

■日時 2013年3月3日(日)

・第1部 15:00〜

 <穏やかな昼の光のなかで>

・第2部 18:00〜 

<一日の終わりに 夕暮れとともに>


ライブと一緒に、春のスイーツをお楽しみいただける内容です。

美味しい日付(深田名江)による春をイメージさせる大人のスイーツ。

Aコースまたは、スペシャルなBコースどちらかをお選びください。


□Aコース 2000円

(お飲物+本日のスイーツ一品付) 

□Bコース 3000円

(お飲物+スペシャルスイーツプレート付)

*ロールケーキ アイス2種 ショコラ2種の予定


ご予約・お問い合わせ

テルツォテンポ 080-6559-2013

terzo.tempo@hotmail.co.jp

※ご予約をお願い致します。

高橋ピエール


<音楽家、ギタリスト、>


「強さとナイーブ、ストレンジとピュア、そしてイマジネイションとドライブ、ピエールギターとしか言い様の無い独特な音楽。

耳元から心深く艶やかな音を届けるノーブルロマニスト。」


CD「a ton oreille(ア・トンノレイユ)」発売中。

*こちらで視聴できます


オンガク comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>