ヨウコソテルツォテンポへ チイサイマチノチイサイキッサテンデス キョウモヨイイチニチデアリマスヨウニ
オムトンとキルケ
5月の末ですが、terzo tempo企画でこんなイベントが。

大好きなオムトン、そしてニューアルバムをリリースするキルケが高知で

ふたたび、相見えます!



ライブ <オムトンとキルケ>
2011年5月28日(土)
■開場 18:30
■開演 19:00
■料金 2500円(1drink付)
     circe(キルケ)
■お問い合わせ
 アジア食堂歩屋 088−864−2280
 テルツォ・テンポ 080−6559−2013
 terzo.tempo@hotmail.co.jp


私、マリンバという楽器が大好きなのですが、

そんなマリンバをつかったバンド(トリオ)が二組、高知に登場します。

マリンバの魅力は打楽器特有の音の立ち上がり(アタック感)と、

低音と中低音の響きの気持ちよさにあるような気がします。

音が空気に溶け込んでいくようなかんじ。とても好きなのです。

ピアノとはまた違ったおいしさのある、素敵な楽器。

音楽が好きな人でしたら、小学校の音楽室で遊んだ記憶があるのでは?




Chang-Nong、わかめーる、TKOの3人からなる打楽器ユニット。
2003年の結成以来、マリンバの特徴的な音色を中心に、
ジャンベやドラム、コンガ、ピアノなどの様々な打楽器を使い、
軽やかで心地よい音作りを目指して活動を続けている。
そのシンプルでミニマルながらも多幸感にあふれる楽曲は
コアな音楽ファンからこだわりのライフスタイルショップまで、
はたまた公園や動物園の家族連れまで、多くの人々に愛されている。
これまでにオリジナルアルバム4枚と企画盤2枚を発表。
ライヴではカフェやライブハウスはもちろん、
アートスペースや公園など、東京を拠点に気ままで幅広い活動を展開している。




ギター、ドラム、マリンバによる変則インスト・トリオ。
野内俊裕一、星秀勝、寺内健輔の三人がアーティスティックな視点から
多彩に音楽を表現。シーンや情景が浮かぶ映画のような楽曲、優しさに満ちた世界観は
玄人から一般のファンまで幅広い層の共感を得ている。
全国でツアー展開中、車上荒らしされ、機材一式盗まれた事がある。



はっきり言ってこちらの二組、めちゃめちゃオススメです。

現代音楽やミニマルミュージック、ポストロック、音響好きな

マニアックな音楽リスナーはもちろん、

子どもから大人まで難しいことなく楽しめる、愉快で楽しい音楽です。

ぜひぜひ、心も体も踊る体験をしてみませんか?

南国のアジア食堂歩屋さんにマリンバが響き渡ります。 

これがまたいいのです。

オマチシテイマース!!!!!

- comments(4) trackbacks(0)
Comment








楽しみにしています☆
from. yüsamajka | 2011/05/07 14:20 |
おっ、、ってことは帰ってくるのだね??
from. terzotempo | 2011/05/07 18:13 |
わーいいなぁ〜♪
オムトンの音楽を初めて聴いたのが歩屋さんでのLIVEで、
すっかり魅了されてCD買って帰りましたもん^^
以前「情熱大陸」で松岡正剛さんが出られてたとき
BGMでかかっていたのがオムトンでした☆
キルケさんの音楽はまだ聴いたことないんですが
すごく良さそう〜。
色んな素敵な音楽を紹介してくれて、本当に感謝してます♪
from. ミーワ | 2011/05/09 23:21 |
ミーワ さん

いつもどうもです!
オムトン、ときどきいろんなところで聴きますよね。
ちょっと前NHKの「ブラタモリ」でも
かかっていました。
ますますパワーアップしたオムトン、僕も楽しみです。
キルケも男性3人のマリンバ・バンドという、とても
変わった、かっこいいバンドです。

ぜひぜひいらしてください!!
from. terzotempo | 2011/05/12 12:56 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://terzotempo.jugem.jp/trackback/111
<< NEW | TOP | OLD>>