ヨウコソテルツォテンポへ チイサイマチノチイサイキッサテンデス キョウモヨイイチニチデアリマスヨウニ
糸と会う
世の中には不思議なこともあるもので、開店以来、お客さんが来なかった日がない。

地元の人間ではないので(今では半分高知の人になっているつもり)

古い友だちがいるわけではないし、

通りすがりに偶然見つかるような立地ではないし、

たいして宣伝もしていないのに、だ。

雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、店を開けていると一人二人は必ず来てくれる。

ときどき、びっくりするくらい遠くから来てくれたりもする。

(いままででいちばん遠かったのはコロンビアだが、彼女はいったいどこへいるのだろう)

ほんとうにありがたい。



 
ある画家さんから絵葉書が届いた。

彼はこの夏に、うちの店にふらりとよってくれて、なんとも軽妙に店内を描いてくれた。

夏の暮れる前のゆっくりとした時間が一枚の紙に封じ込められている。

彼の画集の冒頭にこんな言葉がある。

「糸と会うと書いて絵となる。糸と糸の出会いから絵が生まれ、人と人を結びあわせる。」

テルツォテンポは意図もせず絵となっていることを実感させられた。

とても暖かな気持ちになった。

これだから喫茶店はやめられない。

いい空気をつくっていけたらと思う。

- comments(4) trackbacks(0)
Comment








こんにちは。
この本に載るんですか?見たことあるのでびっくりしてしまいました(笑)

あっ、僕の事わかりますか?
アイビーログ工房の軽トラ乗ってますって言えばわかりますかね?笑
from. 岡原 | 2011/10/16 11:46 |
素敵ですねーホントに。
この葉書を見ているだけで、お店にいるような気がします。
葉書や素描本の販売はされていますか?
私も手元に置いておきたいです。
from. ミーワ | 2011/10/18 08:50 |
こんばんは。
すごく空気が伝わってくる絵ですね。
でも、それに添えた文章から、さらに
terzo tempoさんの空気が伝わってきました。

いいですね。
from. みんなのコーヒー | 2011/10/19 20:17 |
みなさま遅くなりました。

岡原 くん

こんにちは。もちろん、わかりますよ。このあいだお父さんお母さんもいらしてくれました。いつもありがとう。
大工仕事ご苦労様です。
本、見た事あるって、すごいね。そりゃびっくりする。
本にはまだ載っていません。

ミーワ さん

嬉しいです。
はがきや素描本の販売はまだしていないのですが、作家さんに聞いてみますね。

みんなのコーヒーさん

先日はライブありがとうございました。
コーヒーも美味しくいただきました。
とくに「キレこくブレンド」が好みでした。

とても嬉しいです。


from. terzotempo | 2011/10/22 17:41 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://terzotempo.jugem.jp/trackback/140
<< NEW | TOP | OLD>>