ヨウコソテルツォテンポへ チイサイマチノチイサイキッサテンデス キョウモヨイイチニチデアリマスヨウニ
9/21(土)西洋音楽史講座 terzo tempoにて開講


夏の終わり、秋のはじまり

terzo tempoでずっとやってみたかった企画

それは<音楽の学校>。

僕は音楽が大好きで、音楽からいろいろな影響を受けて、
芸術だったり、食だったり、(最近はもっぱら"人"なのですが)
興味の対象が広がっていった人間なので、
ほんとうに"音楽"というものに感謝しています。

その中でも、ちょっと前からクラシック音楽の面白さに改めて気づくようになりました。

と言いますのは、この西洋のクラシック音楽というものは
研ぎ澄まされた感性、大いなる想像力、
論理性と高い技術力、そして資金力が奇跡的に高いところで交差した
形のない芸術なのではないかなと思ったのです。
明らかにぶっ飛んでいる。ぶっ飛んでいるのです。

この現代ではスマートフォンでどこでも録音ができ、
すぐに再生することができる。
レコード、カセット、CD、MDと進化し、いまやデータ配信。
でもベートーヴェンが生きていた時代、音楽の録音技術なんてないし、
もちろん再生装置なんてない。
人に伝えるには自分の頭の中で響いている音を楽譜におこして、
楽団員と共有し、生で演奏するしかない。
楽団員だって一流の人を雇うにはお金がものすごいかかるし、
それを披露するホールだって、そんじょそこらのものではなく、
やり直しのきかない一発勝負、もうそれは間違いなく背水の陣で挑んだはず。
軽い気持ちでなんてできない、覚悟の上だ。

ベートーヴェンの晩年は、よく知られているように、聴力を失っても、
それでもあの素晴らしい交響曲を書き上げている。
それはほんとうに驚愕すべき才能。
<第九>なんて一回覚えれば忘れられないほどポップだし、
ロックやパンクロックなどで覚えるあの陶酔感、グルーブ感とよく似ている。
ベートーヴェンは技術と情熱と才能がものすごい高みで交差した、もうなんかちょっと信じられない話。
それが楽譜というフォーマットで生き続け、
いろいろな解釈で世界各国で演奏され、200年近く経った今でもフレッシュに
感じることができる、ということに単純に驚いたのです。

まあ、そんなことはそんなこととして、置いておいて、

今回、<西洋音楽史講座>として大阪の音楽の先生、
<月夜と少年>のヨシダコウさんを迎えまして、
一日の特別講座を開講する事となりました。
まあ音楽をきっかけに、クラシック音楽をきっかけに、
楽しい時間を皆で共有できたら、と思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++



【月夜のアトラス -西洋音楽史講座番外編-】
バッハとバルトーク、時代を繋ぐ二人の音楽家


興味はあるけど、何だか取っ付きにくいクラシック音楽。
でも、ほんの少し作曲家や演奏家、時代や国の事を知るだけで、
今までくすんで区別のつかなかったクラシック音楽が、
突然多彩な色で光り輝く様に見えてきます。
その、ちょっとしたきっかけに触れるだけで、クラシックだけでなく、
音楽を聴く楽しみが一気に広がって行くはずです。
この講座が、これからクラシックを聴いてみようと思う人の、
ささやかな手引きになればと思います。

今回の番外編では、バッハとバルトークという二人の音楽家を取り上げてみようと思います。
方や音楽の父と言われ小学校でも習うザ・クラシックの大作曲家「バッハ」。
そしてもう一人の「バルトーク」。
ハンガリー出身で20世紀の前半に活躍した作曲家です。
時代を超えて繋がる二人の音楽から、クラシック音楽の魅力を探ってみようと思います。


9/21(土)
開始 18:00 -
参加費 2500円 (カレーセット付き)
定員 15名

講師 ヨシダコウ

企画・制作 月夜と少年
http://mumble-mumble.com/tsukiyo/

会場 terzo tempo 
〒780-0821 高知市桜井町2-5-30
tel:080-6559-2013
http://terzotempo.jugem.jp/
:::::::::::::::::::::::::::::::::
ご予約・問い合わせは下記の項目をご明記の上 月夜と少年 (tsukiyo@mumble-mumble.com) 又は、terzo tempo までご連絡下さい。

■ 名前
■ 電話番号
■ メールアドレス
■ お問い合わせ内容
:::::::::::::::::::::::::::::::::

プロフィール

- ヨシダコウ : 1980年生まれ。1999年に渡米。
バークリー音楽大学にてジャズ、クラシック、現代音楽等を学ぶ。
2005年に帰国。2008年に「gallery 月夜と少年」を立ち上げ、
様々な展覧会やイベントの企画・運営を行っている。
2010年より月夜のアトラスと題して、クラシック音楽を聴きながら学ぶ、西洋音楽史講座を開講。
ライブのお知らせ comments(1) trackbacks(1)
Comment








こんにちは、お久しぶりです^^
このイベントとても気になっていたんですが
都合が合わなくて断念しました。
どんな感じだったのか、またお話聴かせてください。
最近お店ではどんな曲が流れているんでしょう。
またお伺いします〜♪
from. ミーワ | 2013/09/25 09:29 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://terzotempo.jugem.jp/trackback/234
書籍[書籍] 説教者としてのJ.S.バッハ ロビン・A.リーヴァー/著【メール便送料無料】(セッキョウシャトシテノJSノバッハ) 出版社:教文館(日キ販)弊社に在庫がない場合の取り寄せ発送目安:2週間〜3週間解説:バッハの教会音楽は、やはりその本来の趣旨である
| バッハおじさん | 2013/09/06 22:37 |
<< NEW | TOP | OLD>>